小郡交流センター
〒838-0138
小郡市寺福童859番地51
TEL/FAX 0942-72-2846
ホーム > 講座・イベント > 講座・イベントの報告 > 交流セミナー

講座・イベントの報告

その他各種主催講座
交流セミナー

交流セミナー

 ◆第7回目 12月18日(水)  交流セミナー「心に届ける朗読講座」が行われました。 

 

 大刀洗平和記念館で朗読活動を長い間なさっている竹中圭子先生を講師に迎えました。『人権』『戦争と平和』などのテーマで、優しさや思いやり、勇気を与えてくれる感動の朗読でした。

『字のない葉書』『かわいそうなぞう』など感情のこもったお話に、参加者の皆さんの涙腺がゆるむ姿が印象的でした。最後は参加者全員で『ことば いつまでも』を朗読してセミナーを終えました。

 

 HP1.jpg HP2.jpg

  生のピアノと伴に感動の朗読講座でした

 最後に全員で朗読してセミナーを終えました

 

 

 

 ◆第6回目 11月20日  交流セミナー「感染症講座」が行われました。 

 

 「福岡県北筑後保健福祉環境事務所保」佐柳 友里さん、花田 亜由美さんに感染症についての講義をしていただきました。
「結核」では、高齢者は、免疫力が衰え、発病するケースが増えて、早期発見が大切とのことです。
「インフルエンザ」は、インフルエンザウィルスの感染で、38℃以上の高熱、頭痛など、全身症状が突然おこり、特に高齢者や基礎疾患(高血圧症、高脂血症、糖尿病など)を持つひとたちは重症化しやすいため注意が必要です。
「感染性胃腸炎(ノロウイルス)」は、ノロウイルスが手や食品などを介して口に入ることで感染し、とても少ない量でも感染する「感染力がとても強いウィルス」と言われています。
感染予防として、正しい手洗いの方法を学びました。
次に正確なマスク着用は、以下の通りとなります。
1)マスクの表裏をしっかり見極める。
2)ノーズピースを鼻の形にしっかり合せる。
3)ひだをしっかりと上下に伸ばす。
受講者の方は、手洗いなど感染予防を真剣に取り組まれて、感染症の意識の高さが伺えました。

 感染症①.jpg 感染症②.jpg

  皆さん、集中して講義を聴かれていました。

 皆さん、熱心に手洗いをされました。

 

 

 

 ◆第5回目 10月16日  交流セミナー「落語の楽しみ方講座」が行われました。 

  小郡市内唯一の寄席である「狸ばやし」の席亭、宮原勝彦さんに、魅力あふれる落語の見所や裏話などを紹介して頂きました。

また参加者と一緒に、似顔絵で歴代落語家の名前を言い当てるクイズや、365日ある誕生日に因んだ落語を紹介して下さり、みんなで楽しみながら、日本の伝統文化である落語の知識を深めました。

 

 HP1.jpg HP3.jpg

 落語のいろいろな楽しいお話をしてもらいました。

 生の落語を聴くことによって、さらに楽しめるそうです。

 

 

 

 ◆第4回目 9月18日  交流セミナー「悪徳商法から身を守ろう講座」が行われました。 

 

昨年開きました『小郡消費者相談室出前講座の悪徳商法から身を守ろう』が好評でしたので、

最新情報などを盛り込んだ2回目を開きました。

最近の小郡近辺での相談件数や被害状況など、また新手のカード詐欺や還付金詐欺などの手口なども教えていただき、また通信販売/新聞広告などのクーリングオフの仕方、TVショッピングなどで、開封したものや一度でも通電したものは返品できないなども教えて頂きました。

寸劇なども入れていただき、楽しい雰囲気で終えることができました。

来年度も最新情報などを教えて頂ける機会を是非作りたいと思います。

ありがとうございました。

 

 hp2.jpg hp3.jpg

 通信販売の寸劇も入れて、参加者の方に熱演してもらいました。

クーリングオフのはがきの書き方を習いました。

 

 

 

 ◆第3回目 7月17日  交流セミナー「音楽で脳トレ」が行われました。

 

希みが丘生楽館にてギターサークル講師をされている岩切務先生と生徒さん総勢6人での素敵な生演奏を聴いたり、懐かしい曲を皆んなで歌ったりしました。また先生は「いきいき寺子屋」という脳トレ指導もされており、認知症予防に役立つ知恵も教えていただきました。

 

 HP1.jpg HP2.jpg

 受講者のみなさんは、素敵な生演奏を聴かれました。

皆さんは、笑顔で懐かしい曲を歌われました。

 

 

 

 ◆第2回目 6月19日  交流セミナー「知って得する薬局活用法」が行われました。

 

今回のテーマは「知って得する薬局活用法」です。
後発(ジェネリック)薬品の使用促進、残薬防止、重複投薬の防止、薬と食べ物・飲み物の相互作用、サプリメントの使い方、お薬手帳の使い方、電子お薬手帳のメリットなどたくさんのことを分かりやすく教えていただきました。

また、厚労省も勧めている『かかりつけ薬剤師』や薬剤師による在宅訪問なども興味深く皆さん聞かれていました。
近くの調剤薬局やドラッグストアーの薬局を上手に活用することが、豊かな健康ライフを過ごすことにつながるのではないでしょうか?

HP0.jpg   HP1.jpg
 受講者のみなさんは熱心に聞かれていました

薬と飲み合わせの悪い食べ物や飲み物などの関係も分かりやすく教えて頂きました。

 

 

 

 ◆令和元年度 第1回目 交流セミナー「エンディングノート」が行われました。

5月15日交流セミナー第1回として「エンディングノート」の演題で森田 由美子先生に講義をして頂きました。 

 「エンディングノート」とは、【過去を見直し、今を生きる、未来に託す】と自らの有意義な人生を暮すため必要であることを学びました。

1ホーム.jpg   2ホーム.jpg
 受講者の皆さん一生懸命に聴かれていました。

グループみんなでワキワキ話し合いをされていました。。